スピーキング

英語を話せるようになるためには、英語を話すしかない

私たちは、ことばを使って意思疎通する。伝え手は主に音声を使って伝えたいことを発信し、聞き手はそれを耳で聞き取り理解する。まわりくどいようだが、これがことばを話すということだ。

英語を話せるようになるためには、英語を話すしかない。当たり前のように思えるが、このポイントを押さえずに努力してしまっている人は少なくないだろう。

なぜなら、日本の公教育における英語学習は、読み書きに重点が置かれてきたからだ。あなたが初めて英語を学習したのはいつだろうか。多くの場合、それは中学の英語の授業だろう。教師がCDを流し、単語を板書して、生徒が音読する。生徒は英単語や文法を暗記し、文章を読み込んで理解するトレーニングをする。このプロセスを通じて、英語の読解力と作文力は向上するだろうが、話力は向上しない。なぜなら、読み聞きからスタートするというプロセスは、英語を母語とする人たちがそれを習得していくプロセスとは逆のことをしてしまっているからだ。

あなたもそうであっただろうが、人間が初めて触れる言語は、親の口からでてくる音である。多くの場合、親あるいは家族がつきっきりで話しかけ、それを一方的に聞き続ける。ある時、赤ちゃんはことばを発し、双方向のコミュニケーション、つまり会話を習得していくことになる。大人とのコミュニケーションを通じて会話を覚え、その後に文字を覚えて読み書きを習得する。つまり、聞く→話す→読む→書くという順番である。

ところが、日本の英語教育では、読む→書く→聞くというプロセスが偏重されており、その中に話す、という要素が抜け落ちている。そのため、学校教育や大学受験の延長線上にあるような構成の、TOEIC L&R 用の勉強をいくら頑張っても、英語を話すことはできるようはならない、ということになるのだ。

英語を話せるようになりたければ、とにもかくにも英語を話してみる機会が必要になるということである。