リーディング

好きな日本語の書籍の英訳を読んでみることの効用

英語を学習するためのツールは、無料のものから有料のものまで実にさまざまな種類があります。
あなたのお気に入りの題材を扱ったものであれば、英語を学習しようという意欲の継続にもつながっていきますよね。
この記事では、英訳されている日本語の書籍を読んでみることをおすすめしたいと思います。

日本語で内容を理解しているから、難しめの英文でも内容を思い出しながら読める

英訳されている日本人作家の書籍を読むメリットは、本の内用をあらかじめ母語である日本語で理解しているという点にあります。
難しい日本語で書かれている文章は、難しい英語に翻訳されている可能性が高いですが、書かれている内容をあらかじめ理解できていれば英語も何とか読み進められます。
英語の文章は、一気に全部読み進めなくてもよいのです。日本語の内容を思い出しながら、英語で書かれている内容を読み進めていけば問題ありません。

日本語で理解している内容に対応させてボキャブラリーを類推できる

日本語で内容を理解しているので、難しめの英単語に出会ったとしても意味を類推できるのも強みになります。
母語でない言語で書かれた文章を読む際に、当然のように知らない単語に出会うことがありますよね。
その際に、いちいち単語の持つ意味を調べていると、いつまで経っても文章を読み終えることはできません。
前後の文脈から、その単語のもつ意味を推測して、だいたいこんな意味だろうなと思いながら読み進めていくのです。
あなたが好きな日本人作者の本ならば、英語で書かれたとしても内容から単語の意味を推測しやすいのでおすすめです。

英文を英語のままで読み進めていくトレーニングをやりやすい

先ほど述べたとおり、英文を英語のままで読み進めていくことによって、よりスピーディーに英文を読めるようになっていきます。
繰り返し英文を読みこなしていくことによって、英文読解スピードが徐々に上がっていくことになるのです。

英語学習におすすめの日本語書籍 村上春樹 ノルウェイの森

ここで、日本人作家の書籍で、英訳されているものをご紹介いたしますね。
ノーベル賞候補にノミネートされたこともある作家の村上春樹さんの、ノルウェイの森です。
大学闘争などの学生運動が盛んに行われていた時代の日本を舞台にした青春小説であり、読んでいるとストーリーに引き込まれていきます。
主人公のわたなべとおると直子やこばやしみどりの人間関係を描きながら物語が進んでいきます。

お気に入りの書籍の英訳を何度も読み込んで英語読解を上達しよう

お気に入りの書籍の英訳を何度も読み込んでいくことで、英文読解が上達していきます。
何をする時でもあてはまることですが、一気に上達することはできないものです。
やると決めたことを繰り返しトレーニングを重ねていくことで、徐々にスピードが上がり技術も向上していくものなのです。
日本語を読むスピードも英語を読むスピードも、速度を上げたいと思ったら量をこなさなければならないのです。
慣れ親しんでお気に入りの文章であれば、読解するのも苦になりにくいでしょう。

まとめ

あなたがお気に入りの日本人作家の文章を英語で読むことには、さまざまなメリットがあります。
大きなメリットは、あなたが好きな作品なので繰り返し読んでも苦にならないことです。
繰り返し読み込んでいくことで、内容の理解も進んでいくため、読解スピードもあがっていくことになるのです。
同じ文章を何度も何度も読み込んでいくことによって、英語を読み込むスピードを上げることになるのです。
あなたが好きな本が英訳されているのであれば、多少難しい内容であっても手に入れて読めるようにチャレンジしてみましょう。