その他

英語を学習したいあなたにオススメのted動画 ボディーランゲージがあなたを作る

英語を学習するために、無料で視聴することができるted動画のおすすめをご紹介いたします!
エイミー・カディ氏が登場する、ボデイランゲージがあなたを作るという回の放送がおすすめです。
なにか大きな試験を受ける時や、就職の面接の前など、緊張する場面で役に立つジェスチャーなどが紹介されています。
実用的な内容に加えて、エイミー・カディ氏の流暢な英語をリスニングできて一石二鳥ですよ!

たった2分の間パワーポーズを取ることで自信がつくことを科学的に解説

人はなぜ自信がつくのでしょうか?その疑問を解消して、自信をつけるための方法が、このted動画では紹介されています!
スピーカーのエイミー・カディ氏は、大学で心理学を研究している方です。ボディランゲージやジェスチャーなどをした際に、体内ではどのような物質が分泌されているかについて研究をしているのです。
このted動画では、彼女の研究に基づいて、自信に満ち溢れている人が取るようなポーズ、いわゆるパワーポーズを取ることが、どのように私たちの行動や自己認識に影響を与えるのかを科学的に解説してくれているのです。

パワーのある人は多くスペースを使って、パワーのない人は縮こまる

エイミー・カディ氏によれば、2人の人間が関わる際に、力関係の強弱に応じて、それぞれがとる体勢も異なってきます。
人間関係的にパワーがある人は、多くのスペースを使って、大ぶりなジェスチャーをする傾向があります。
反対に、パワーがない人は縮こまって、自分がいるのに最小限のスペースだけを使ってジェスチャーも少ない傾向があるのです。

できるふりをすることの重要性 パワーポーズを取るとテストステロンが上昇した

この動画の中で、エイミー・カディ氏はできるふりをすることの重要性を強調しています。
両足を肩幅程度に開いて直立してみましょう。その状態で、両手を腰のうえに載せてみます。体育の授業でやった、休めのポーズですね。
あるいは、両手を身体のうえに突き上げて、マラソンランナーがゴールした時のようなポーズをとってみてもよいでしょう。
これらのポーズは、エイミー・カディ氏がいうところのパワーポーズです。これらのポーズを2分間とりつづけることによって、あなたの体内ではテストステロン値が上昇することになるのです。
就職試験の直前など、緊張する場面で、トイレに行って鏡のまえでポーズをとることを勧めています。

本物になるまでふりを続ける

この動画の中盤あたりで、エイミー・カディ氏は自身が10代の頃に交通事故にあってIQが下がった話と、自信のない教え子の話をしています。
カディ氏自身、セルフエスティームが下がっていた時、彼女の恩師があなたならできると励まし続けてくれたのです。
カディ氏の教え子も、自信がなく、彼女の居場所は大学にはないと感じていたのです。そこでカディ氏は、教え子にできるふりをし続けるように励まし掛けます。
できるようになるまでふりを続けることによって、いつしか本物になっていくことができるのです。

流暢な英語に加えて、あなたに「本物へのなり方」を教えてくれる有益な動画

このted動画の魅力は、カディ氏の流暢な英語を聴くことができることに加えて、あなたに本物へのなり方を教えてくれている点です。
できるふりを続けることで、できるようになるための努力を継続し、実際にできるようになっていくのです。

まとめ

ボディランゲージやジェスチャーが、あなた自身にどのように影響を与えるかを解説してくれている動画でおすすめです。
就職試験や面接など、緊張する場面では、トイレに行ってパワーポーズをとるようにしましょう。
テストステロン値を上げて、ストレスを克服して、できるようになっていくのです。