リスニング

アメリカのABCニュースのポッドキャストもオススメ

英語を学習するうえで、毎日継続して活用できる素材を使うことはとても大きなアドバンテージがある。英語学習には、何よりも継続が大切であり、根気強く学習を継続していく必要があるのだ。本記事では、そんな英語学習の継続に役立つポッドキャストのオススメ番組をご紹介する。アメリカの民放ニュース番組のABCニュースだ。

ABCニュースはアメリカの民放番組

お伝えしているように、ABCニュースはアメリカの民放番組である。自由の国アメリカには、権力であるアメリカ合衆国政府を監視するために様々な機能が社会に埋め込まれている。マスメディアもそのひとつで、民主党よりのマスコミもあれば共和党よりのマスコミもある。
ABCニュースもそのグラデーションの中のどこかに位置づけられることになる。

BBCと比べるとスピーディでいかにも速報番組という雰囲気

BBCニュースは、比較的スピードを落として、ハキハキとイギリス英語を発音しているのに対して、ABCニュースはスピーディーだ。英語を学習していると連音というワードを聞く機会があるかもしれない。例えば、I have a penと発音する際に、アイ ハブ ア ペンというのではなく、アイ ハバ ペンということがある。単語同士がくっついて、発音が短縮されるのである。ネイティブが話す英語ではこの連音が頻繁に起こるため、日本人はそのスピードに圧倒される、ということがしばしば起こる。
ABCニュースでは、圧倒的というほどのスピードではないが、かなりスピーディにアメリカ英語が読み上げられていく。その雰囲気はまさに速報番組といった雰囲気で、もともとのニュース番組の起源というものを思い起こさせるものになっている。

流暢なアメリカ英語を聴くことができる

アナウンサーは流暢なアメリカ英語を話している。

内容はアメリカ国内のできごとメイン

BBCワールドニュースは、世界中のできごとにフォーカスしているのに対して、ABCニュースはアメリカ国内のニュースをメインに取り上げている番組だ。アメリカのできごとに興味があるのであれば意欲をもって視聴することができるだろう。アメリカの政治や社会問題に関することはもちろん、サイクロンなどの自然災害の被害情報なども速報しており、いまアメリカでは何が起こっているのかを知ることができるようになっているのだ。

スピーディな英語を浴びるように聴くことができる

スピーディな英語を浴びるように聴くことができるのが、ABCニュースの特徴だ。TOEIC対策などで、とにかく量を聞き取りしたいというのであれば、はっきりとした発音のアメリカ英語を大量に聴くことができるのでABCニュースはオススメだ。

まとめ

英語を学習するうえで、毎日継続して活用できる素材を使うことはとても大切だ。歯を磨くように、英語を学習することを毎日の習慣にするのだ。習慣化することによって、学習が継続されて少しずつ身についていくようになっている。
アメリカの民放番組であるABCニュースは、スピーディなアメリカ英語で、アメリカ国内のできごとを報道するニュース番組である。メリハリのあるアメリカ英語を大量に聞き取ることによって、TOEICのようなビジネス英語を大量に聞き取るようなテストのリスニング対策として活用することもできる。
ニュース番組の内容はアメリカ国内のできごとがメインであり、政治や経済、災害被害などについて、幅広いトピックで番組が構成されている。アメリカ社会のできごとに興味があり、かつ英語を勉強してみたいと考えているのであれば、活用しない手はないアイフォンの無料アプリである。
気になったのであれば、さっそくインストールして利用してみよう。