リーディング

スマートフォンで英語を学習する!kindleで洋書をダウンロードする方法とオススメ電子書籍

前回の記事ではスマホで利用できる音声学習の方法をご紹介した。あなたが、ある程度実用的な英語を習得したいと思っているならば、リスニングとリーディングの学習は避けては通れない道である。リスニングの方法は前回ご紹介した方法を参考にしていただくとして、本記事ではリーディング能力向上に役立つ方法をご紹介しよう。キンドルを使用した英語学習方法だ。

アマゾンが提供している電子書籍リーダーキンドルのダウンロード方法

キンドルは、通信販売会社のアマゾンが提供している電子書籍リーダーのことだ。膨大な数の商品を取り扱っている通信販売サイトのアマゾンでは、通常の書籍に加えてオリジナルの電子書籍を販売している。この電子書籍がキンドルと呼ばれており、キンドルはスマートフォンやタブレット、パソコン上で閲覧することができるようになっている。アイフォンの場合、キンドルのアプリケーションをアップルストアでダウンロードする必要がある。アプリをダウンロードしたら、アマゾンのIDでログインをして利用してみよう。
ここで注意が必要なのは、キンドルのアプリ上とアマゾンのショッピングアプリ上では、キンドルの電子書籍の購入はできないようになっているのだ。不便なのだが、アイフォンならばサファリなどのブラウザを使ってアマゾンのホームページを開き、そこから読みたい書籍を購入してみよう。
一度購入したタイトルは、あなたのライブラリに表示されて、スマホやタブレットなどさまざまな端末で読むことができる。同期といって、他の端末で読んだ最後のページ情報が自動的に共有されているため、端末を使い分けてもストレスなく利用することができる。

英語学習にオススメの電子書籍 その1 日本人の英語

それでは、オススメの電子書籍をご紹介していこう。
まずは、マーク・ピーターセンの日本人の英語である。マーク・ピーターセンは、日本に長年住んでおり、大学で英作文を指導している経験をもとに、日本人がおかしやすい英語の間違いをわかりやすく解説している。日本人の英語学習者がおかしがちな、一見些細な、しかし英文に決定的な意味の違いを与える間違いを豊富な例とともに紹介してくれているのだ。

英語学習にオススメの電子書籍 その2 21世紀の英会話

こちらは、リスニング関連の書籍だ。クリエイターの高城剛が書いた、英会話本だ。フィリピンのセブ島にはたくさんの英会話スクールがあり、著者はそれらの多くで実際に体験レッスンを受講して、比較レビューを紹介してくれている。
著者の英語学習方法論も紹介されており興味深い内容になっている。

英語学習にオススメの電子書籍 その3 イングリッシュラダーシリーズ

イングリッシュラダーシリーズは、すべて英文で書かれた書籍シリーズだ。歴史上の人物や文化の紹介など、興味を持ちやすい内容のものが多く、読者のレベルに応じて文章の難易度を変えて編集されているのが特徴だ。
あなたの英語レベルに応じて、少しずつ難易度を上げていくのがよいだろう。

英語の多動力

実業家の堀江貴文が書いた英語実践の書だ。著者は、ビジネス上で英語を利用しており、とにかく実践で英語を使うことの重要性を訴える。失敗することを恐れずに英語を使い倒すことの大切さを説いている。英語を継続して使い続けることの大切さを教えてくれる良書だ。

まとめ

本記事では、アマゾンが提供している電子書籍リーダーキンドルを使って英語を学習する方法についてご紹介した。キンドルは無料でスマホなどにインストールできて、購入した電子書籍をいつでもどこでも読むことができる便利なアプリである。英語を学習するうえで、空いた時間を有効に使えることは大きなアドバンテージになるのでぜひとも活用したいアプリだ。