スピーキング

マンツーマンで英会話を教えてもらえるイングリッシュベル

英会話を学ぶにあたって、とても大切な要素がある。それは、講師の先生にマンツーマンで教えてもらうということだ。オフラインの英会話教室では、先生1に対して2から4人の多人数の生徒が割り当てられているところも多い。オンライン英会話のイングリッシュベルでは、先生と生徒がマンツーマンで英会話を学んでいく。本記事では、なぜ英会話はマンツーマンで学ぶことが重要なのかということを解説し、イングリッシュベルでレッスンを受けることのメリットをお伝えしていく。

人間が言語を習得するプロセスはマンツーマン

この記事を読んでいるあなたは、おそらく日本人だろう。日本人にとって英語を学ぶということは、日本語とまったく異なる言語を1から学習するということだ。もちろん、中学校時代からの英語学習の積み重ねがあるため、多くの人にとってゼロからのスタートにはならない。少なくとも、学校でアルファベットの綴りと基本的な単語の読み方などは学習しているはずだからだ。しかし、多くの日本人は、英語を話すことを苦手とする。発音記号は一応習うが、それをベースとして1対1の会話を体験する機会は、学校教育ではとても少ないのだ。
あなたが、言葉を習得したプロセスを想像してみてほしい。親、もしくは親族がつきっきりになって赤ちゃんのあなたに語りかけ、いつしかそれを繰り返して言葉を発していったはずだ。言葉を習得するには、マンツーマンのレッスンが望ましいのだ。

多人数指導だと1人あたりの会話量が少なくなる

生徒が2人から4人ほどのグループになると、1人あたりの会話量は、とても少なくなる。英会話は、相手の話していることを理解するリスニング能力と、それを受けて自分が伝えたいことを話すスピーキング能力に分解できる。たしかに、他の生徒と先生がやりとりしているのを見ることにやり、リスニングの参考にすることは可能だ。
しかし、そのやりとりを見ることで、自分が他の生徒の代わりにスピーキングをすることはできない。自分が話す順番を待つ必要があり、どうしてもあなたが話す機会は少なくなってしまうのだ。

英会話はインプットよりもアウトプットが大切

前項でもお伝えしたとおり、英会話はリスニングとスピーキングに分解できる。先生から英会話を習う場面では、リスニングよりもスピーキングの方が大切だ。リスニングもスピーキングも、その気になればひとりで練習することは可能だ。無料の英語番組をネットで視聴してもよいし、英会話教室のテキストを自分で音読してもよい。
しかし、基本的にそれらの学習では、フィードバックを受けることができないのだ。つまり、英語のどこがおかしくて、修正すべきなのかがわからないことになる。ここに、アウトプットが大切な理由がある。あなたが先生に向かって英語を話し、先生はごこがおかしいかを指摘する。それをくり返すことによって、あなたの英語が徐々に上達していくのだ。

カランメソッドで大量のアウトプットができるイングリッシュベル

以前の記事でもお伝えしたとおり、イングリッシュベルではカランメソッドを採用している。先生の問いかけに対して生徒が応答し、誤りを即座に先生が指摘し、生徒が読み直すという学習方法だ。このやりとりを延々とくり返すことにより、生徒のアウトプットの量が膨大になり、話す力が伸びていくのだ。

まとめ

人間が言語を習得するプロセスは、基本的にマンツーマンでのやりとりから始まる。英語を話せるようになりたい場合も、マンツーマンで先生からフィードバックを受けて、とにかく話すことが大切だ。カランメソッドをベースにした指導で、どこが誤っているかすぐにわかって修正できるので、効率的に英語を上達することができるのだ。